Amazon Kinesis Video Streams ハンズオン

navigation

このハンズオンでは Amazon Kinesis Video Streams を用いたカメラデバイスからの動画の収集、保存、 ライブやオンデマンドでの再生、動画ファイルのダウンロード、 Amazon Rekognition Video と組み合わせたライブ顔認識やニアリアルタイム分析などを行う方法を学びます。

本ハンズオンで作成する全体の構成は以下の通りです。

全体構成

本ハンズオンは2020年5月時点の情報を元に作成しております。 その後AWSコンソール画面やメッセージなどが変更されている可能性がある点についてご了承ください。 ハンズオン内容に関するフィードバックや修正依頼がありましたら、 Github リポジトリのIssueとしてご報告いただけますと幸いです。

事前準備

  • 本ハンズオンを行うためには、以下のようなハードウェア及びAWS環境が必要になります。

AWS 環境

  • Administrator 権限のある IAM ユーザ

準備するハードウェア(操作用PC)

  • 以下のアプリがインストールされた PC (Windows, Mac もしくは Linux)
    • ブラウザ (Chrome もしくは Firefox)
    • AWS CLI (1.18.49 以上)
    • Python (3.6 以上)
    • SSH クライアント (SSH 経由で Raspberry Pi を操作する場合)
  • microSD カードリーダー (Raspberry Pi を利用する場合)

準備するハードウェア (カメラ接続デバイス)

  • Raspberry Pi 3 B+ もしくは Raspberry Pi 4
  • 8GB 以上の microSD カード
  • USB カメラ、もしくは Raspberry Pi 純正カメラ
  • なお、Raspberry Pi のかわりに、Ubuntu や Debian の搭載された PC もしくは Mac を利用することが可能です。その場合は、手順内で Raspberry Pi と書かれている部分を適宜読み替えながら進めてください。

必要なスキル

  • Linux の基本的なコマンドライン操作(cd, ls, mkdir など)の理解